スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年度 板橋区福祉施設・関係団体等連絡会を開催しました!!

平成26年2月6日(木)、区内福祉施設・関係団体相互の連携、情報交換、地域課題の共有を通して、誰もが安心して生活できる地域づくりを推進していくために、板橋区福祉施設・関係団体等連絡会を開催いたしました!
当日は、高齢施設・障害施設・保育園や関係団体、行政等、計31団体、46名の方にご参加いただきました♪



はじめに、福祉施設・関係団体が連携し、取り組みを行った2つの事例発表を行いました!
事例発表1つ目は、特別養護老人ホームマイライフ徳丸(社会福祉法人北野会)高麗正道施設長による「徳丸地域ふくしのつどい」です。高麗氏講演
 顔と顔が見える関係づくりのためには行動!ちょっとお互いの施設にお茶を飲みにいく、まずはそんなことからでもいいのです!できることから一緒に始めましょう!と参加者にエールを送ってくださいました★



 事例発表2つ目は、生活支援センターにりん草(社会福祉法人にりん草)櫻井基樹管理者による「板橋安心ネット」です。櫻井氏講演2
 日頃から「つながり」があることで、課題が発生した時は解決が速くなり、問題が深刻化する前に表出される、相談しやすい地域になる!と熱いメッセージがありました!



 後半は、地域ごとに8つのグループに分かれての意見交換GW3.jpg
 分野を越えて情報交換をしながら、地域に向けて施設・関係団体等は何ができるのか?!また各々が抱えている課題などについて活発な意見交換を行いました。みなさん、真剣です!!




発表
 全体発表の様子。各グル―プから出た意見を全体で共有します。会場のみなさんもうなづきながらメモを取り聞いています。



 最後に、社会福祉法人東京都社会福祉協議会 福祉部長 原幹生氏によるまとめ。原CD2
 施設・関係団体も社会資源として地域で積極的に役割を果たしていく必要性があること、また1施設・1団体だけの視点ではなく幅広い視点から今自分たちがどのような役割を担っていくべきなのか、その位置づけを知るためにも相互のネットワークは欠かせないとのまとめがありました。

 参加者からは、「色々な分野の方と情報交換や意見交換ができ、とてもよかった」「継続的に開催してほしい」などといった感想をいただきました。
 終了後、早速お互いの施設を行き来する約束をしている方や名刺交換をしている方がたくさんいらっしゃいました。今後、この連絡会を機にますます施設・関係団体相互のネットワークが広がっていくことを願っています★
 いたばし社協では引き続き、来年度もこの連絡会を企画していきます!福祉施設・関係団体のみなさん!ぜひご参加お待ちしております♪(^_^)/

スポンサーサイト
プロフィール

いたばし社協

Author:いたばし社協
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。